ミニマムきろく
十野七(七見水晶)の創作サークル「ミニマムセンチュリー」の日誌です。
「すみれの唄」で講談社月刊アフタヌーン2009年秋の四季大賞受賞。
芳文社刊「放課後のピアニスト」コミックス第1巻第2巻発売中。
14.11/21講談社より「芸能すまいる日和」「ミス・モノクローム」コミックス発売中
16.8/21コミティア117N27aミニマムセンチュリー
  [2013/04/29 20:04] カテゴリ:未分類
こわれたホワイトとアナログ作業
色紙を描くために久しぶりにアナログ画材をきちんと用意しました。

最後の仕上げにホワイトで目にハイライトを入れようとしたのですが
ホワイトが全く出て来ません。

なお、使っているのはぺんてるの修正液ボトルタイプ。
押すと先端が少し引っ込んでそのスキマからホワイトが出てくる
タイプです。

で、押せども押せども出て来ないので
分解してみたところ、
中に仕込まれていたバネが
バネじゃない形になって出て来ました。
仕方ないからバネを抜いて組み立て直したところ、
液は出てくるようになりましたが
制御がきかずにどばぁと出てくるように。

仕方が無いので面相筆に液を取って使おうとしましたが
かつて使っていた面相筆はみんなボロボロ。
そこで先をわざとくたびれさせた爪楊枝を用意し
それをちょんちょんと付けて使いました。

目にハイライトを入れたかっただけなのに
随分大事になってしまいましたが
久しぶりの手間暇作業は結構楽しかったですし
デジタルのありがたみを再認識できました。
関連記事
スポンサーサイト



[2013/04/29 20:04] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<ゲームミュージックの世界再び | ホーム | カラフルランドセル>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mnmmc107.blog.fc2.com/tb.php/26-6cd0eb83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
検索フォーム

カテゴリ

フリーエリア

最新記事

月別アーカイブ

リンク

  •   通販受付・紙書籍
  •   通販受付・電子版(Amazon)
  •   通販受付・電子版(COMIK WAKER)
  •   COMIC ZIN(紙書籍委託)
  •   Twilog
  •   PIXIV
  •   月刊アフタヌーン(漫画寄稿)
  •   good!アフタヌーン(漫画寄稿)
  •   芳文社(漫画寄稿)
  •   竹書房(漫画寄稿)
  •   twitcmap
  •   POPLS
  •   メディアックス(漫画寄稿)
  •   旧ミニマムきろく
  •   管理画面
  • このブログをリンクに追加する