ミニマムきろく
十野七(七見水晶)の創作サークル「ミニマムセンチュリー」の日誌です。
「すみれの唄」で講談社月刊アフタヌーン2009年秋の四季大賞受賞。
芳文社刊「放課後のピアニスト」コミックス第1巻第2巻発売中。
14.11/21講談社より「芸能すまいる日和」「ミス・モノクローム」コミックス発売中
16.8/21コミティア117N27aミニマムセンチュリー
  [2013/12/18 15:58] カテゴリ:未分類
むかしの漫画を思い出せたらいいなあ。
むかし一回読んだだけで
今も忘れられない読み切り漫画が一つあります。

作者もタイトルもキャラ名も忘れて分からないのに
妙に強烈に覚えているんですよね。
検索してもキーワードが微妙なせいで全然ヒットしないので
あとはいつか何かの偶然で再会できることに期待するだけです。

ちなみに以下内容
↓興味のある人だけどうぞ
主人公はテレビのディレクターを志す女性。
冒頭で憧れの女性ディレクター?に会って
業界に入るための口利き?をしてもらえる事になって大張り切り。
でもその人に鍛えてもらえるのかと思いきや、
直属の先輩になる人は別の女性ディレクター?かなんか。
最初は彼女の厳しい教育に嫌気が差して衝突したりしましたが
酒の席か何かをきっかけに仲良くなって
毎日が充実するように。
そんな時、ある現場に行ったら冒頭に出て来た憧れのあの人が!
ここまで来られたのもあの人のおかげとお礼を言いに行ったら
何と相手は自分の事をまっったく覚えてないという。
彼女が目標だったたけにかなり落ち込む主人公。
でもそのあとピンチヒッターでディレクターをやらせてもらえるチャンスが来て
ここまで来たんだ、落ち込んでるヒマはないと引き受け、
憧れのディレクターへの第一歩を歩み出す。

※うろ覚えな部分がところどころあります
関連記事
スポンサーサイト



[2013/12/18 15:58] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<年末ですからコンセントをチェックしたら惨事が待ってました | ホーム | コミケの荷造りをしました。今回からラベルの色が違います。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mnmmc107.blog.fc2.com/tb.php/264-42b2b917
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
検索フォーム

カテゴリ

フリーエリア

最新記事

月別アーカイブ

リンク

  •   通販受付・紙書籍
  •   通販受付・電子版(Amazon)
  •   通販受付・電子版(COMIK WAKER)
  •   COMIC ZIN(紙書籍委託)
  •   Twilog
  •   PIXIV
  •   月刊アフタヌーン(漫画寄稿)
  •   good!アフタヌーン(漫画寄稿)
  •   芳文社(漫画寄稿)
  •   竹書房(漫画寄稿)
  •   twitcmap
  •   POPLS
  •   メディアックス(漫画寄稿)
  •   旧ミニマムきろく
  •   管理画面
  • このブログをリンクに追加する