ミニマムきろく
十野七(七見水晶)の創作サークル「ミニマムセンチュリー」の日誌です。
「すみれの唄」で講談社月刊アフタヌーン2009年秋の四季大賞受賞。
芳文社刊「放課後のピアニスト」コミックス第1巻第2巻発売中。
14.11/21講談社より「芸能すまいる日和」「ミス・モノクローム」コミックス発売中
16.8/21コミティア117N27aミニマムセンチュリー
  [2013/12/19 20:54] カテゴリ:未分類
年末ですからコンセントをチェックしたら惨事が待ってました
年末なのでぼちぼち掃除をしていましたが
タコ足配線だらけの家人の部屋のコンセントが
こんなんなってたのを発見してしまいました。
131213_1329~01


接合部は溶けてはがすことができず、
床は軽くこげてました。

猫が一番多い部屋なので
おそらく猫の毛などが詰まって焦げたのでしょう。
大事に至る前に発見できたのは不幸中の幸いでした。
関連記事
スポンサーサイト



[2013/12/19 20:54] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1)
<<次の夏コミは創作少年三日目復帰です | ホーム | むかしの漫画を思い出せたらいいなあ。>>
コメント

いやー、危機一髪でしたね。

抜け毛や埃によるトラッキング(プラグ間に電流が流れて発熱・発火)も怖いですが、
プラグの表面に酸化皮膜ができて接触抵抗でプラグ自身が発熱することもあるので、
長期間挿しっ放しのプラグは時々抜き差しして酸化皮膜を擦り落としましょう。

昔のプラグやコンセントは磁器や硬質プラスチックなので
結構熱には強かったのですが、
最近はコストダウン&作り易さの点から硬質ゴム製で
燃え易く、変形し易くなってますからね。

三の酉の年は火災が多いと云いますし、皆さんもお気をつけて。


追伸

某「世界ネコ歩き」見てたら
「猫は災いから家を守ってくれるから、(野良でも)大切にしてるんだ。」と
いう話があって、成る程なぁ、と思いました。
[2013/12/20 14:53] URL | 行灯猫 #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mnmmc107.blog.fc2.com/tb.php/265-075cc524
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
検索フォーム

カテゴリ

フリーエリア

最新記事

月別アーカイブ

リンク

  •   通販受付・紙書籍
  •   通販受付・電子版(Amazon)
  •   通販受付・電子版(COMIK WAKER)
  •   COMIC ZIN(紙書籍委託)
  •   Twilog
  •   PIXIV
  •   月刊アフタヌーン(漫画寄稿)
  •   good!アフタヌーン(漫画寄稿)
  •   芳文社(漫画寄稿)
  •   竹書房(漫画寄稿)
  •   twitcmap
  •   POPLS
  •   メディアックス(漫画寄稿)
  •   旧ミニマムきろく
  •   管理画面
  • このブログをリンクに追加する