ミニマムきろく
十野七(七見水晶)の創作サークル「ミニマムセンチュリー」の日誌です。
「すみれの唄」で講談社月刊アフタヌーン2009年秋の四季大賞受賞。
芳文社刊「放課後のピアニスト」コミックス第1巻第2巻発売中。
14.11/21講談社より「芸能すまいる日和」「ミス・モノクローム」コミックス発売中
16.8/21コミティア117N27aミニマムセンチュリー
  [2014/10/08 21:50] カテゴリ:PC関連
iMacの修理をしました。
2年前に壊れたまま放置しておいたiMacの修理を頼みました。

そろそろ新しいマシンの購入を検討する時期だなあ、
だけどMacOSがいつまでコミスタに対応してくれるか分からないし
買うとしたら敢えて中古品とか…?と考えていましたところで
壊れて放置しておいたiMacの事を思いだしたのです。

修理代の相場を見ましたところ、
新品を買うより随分お安く済む感じでしたので
Macに強そうな業者さんに電話で依頼して
来てもらいました。

ところが、リカバリ作業しても状態が変わらず。
業者さんの言うには、ロジックボードがいかれてるかもしれないので
この状態が続いたら覚悟して欲しいとのことでした。

ですがオプションキーを押せば作動するはずの手順が出て来ないため
問題はキーボードの相性にあるのかもしれない、と
キーボードをiMacを買った時ついてきた純正品に交換したところ、
なんと手順が前進。

2年前に取り込んだまま取れなくなった
インストールディスクも無事排出され、
再インストールまでこぎつけることが出来ました。

ところが喜びもつかのま、再インストールを始めて10分もしないうちに
再インストール失敗。

でも業者さんはこれまた策を考えて下さいまして、今度は
再インストールの前に先にHDDを
フォーマットする作戦に変更。

すると今度は最後まで上手く行き、
普通に動かせるところまで戻せました!
やったあ。

ですが業者さんが
「6年使ったあとだからこれで直ってもおそらく一時的なもの」
「症状的にもういつ修理不能になってもおかしくない」など、
さんざん怖い事を告げて帰っていったので
どうにも使う気になれず
とはいえもしもの時にはこないだ久々に現役復帰させた
iBookのように使いたいので、
出しやすい場所に置き場をつくり、
そこに待機させておくということで手打ちにいたしました。

でも結局いずれはコミスタと決別してクリペに移り、
慣れた頃には「何でコミスタにあんな拘ってたんだろう」
となるんじゃないかと思います。
今までの経験上。
Photoshopからコミスタに移る時の概念の変化は
クリペの比じゃなかったのに
結局使いこなせてるわけですからね。

ちなみに料金は出張料・診断料・リカバリ指導料で
一万円をちょっと超えた感じです。
関連記事
スポンサーサイト



[2014/10/08 21:50] | PC関連 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<10/08のツイートまとめ | ホーム | 10/07のツイートまとめ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mnmmc107.blog.fc2.com/tb.php/511-7a0d9aa7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
検索フォーム

カテゴリ

フリーエリア

最新記事

月別アーカイブ

リンク

  •   通販受付・紙書籍
  •   通販受付・電子版(Amazon)
  •   通販受付・電子版(COMIK WAKER)
  •   COMIC ZIN(紙書籍委託)
  •   Twilog
  •   PIXIV
  •   月刊アフタヌーン(漫画寄稿)
  •   good!アフタヌーン(漫画寄稿)
  •   芳文社(漫画寄稿)
  •   竹書房(漫画寄稿)
  •   twitcmap
  •   POPLS
  •   メディアックス(漫画寄稿)
  •   旧ミニマムきろく
  •   管理画面
  • このブログをリンクに追加する